COMPANY INFO

Our Missions 使命

我々は、制作するメディアを通して、得意先の顧客・ユーザーを得意先の期待以上に動かすことを使命とする。


Our Activities 行動

我々は、常に得意先の顧客・ユーザーの変化を独自に捉え、より効果的な提案を考え、
一歩先を行く企画と事前準備で得意先を牽引する。


Our Goal 目標

我々は、上に掲げる「使命」と「行動」を実践することで、得意先を満足させ続け共に成長し続けることを目標とする。

Overview 会社概要

社名 高桑印刷株式会社
設立 1962年10月
代表取締役 高桑正充
所在地 〒910-0017 福井県福井市文京1丁目19-20
電話番号 0776-23-6322(代)
資本金 300万円
業務内容 ○集客マーケティング/店舗サインデザイン・広告戦略
○デザイン・企画・制作/各種広告・カタログ・パンフレット・ポスター・会社案内・のぼり旗・ホームページ等
○VIプランニング/ロゴタイプ・イメージカラー・キャラクター等
○各種印刷/名刺・一般帳票伝票・コンピューター用連続伝票

Organization 組織

Business Promotion Team 営業推進チーム
有効でベストな“方法”をご提案します。消費者の「欲しい」「経験したい」「行きたい」という気持ちのスイッチを
「オン」にし、行動を起こしていただくにはどうすればいいか。
お客さまの真意や、商品やサービスへの情熱、背景までをも深く理解し、
「そこまでやるか」、「そんな手があったのか」と言われるような創造力を発揮し、
お客さまの顧客が「動く」をことを目的に、様々なことを考え、ご提案します。
それは、良いデザイン、良いキャッチコピー、良い印刷物といった枠を越えた、
高い効果が期待できるために有効かつベストな“方法”の追求です。
Production Team 生産チーム
“美しい”を想い描き、行動するチーム。工場での製品づくりは、「正確」そして「早く」が基本。
この当たり前のことが、実は、案外難しいものです。
それを実現するためには、スタッフ一人一人の自覚や姿勢が重要です。
そう考える弊社の工場の目標は、「日本一美しい工場」です。
それは「整理整頓」のための張り紙でも、マニュアル通りの
清掃方法や掃除当番というかた苦しい規則でもありません。
鉄の塊の機械に息吹を感じ、感謝を抱き、心の底から
“美しいカタチ”を想い描き、行動するということ。
私たちは“美しい”を永遠に想うプロダクションチームを目指しています。
General Affairs Team 管理・総務チーム
“快適”を生む、縁の下の力持ちとして。「正解のデザイン」をご提供できたとしても、
「美しい製品」をご提供できたとしても、なによりまず、
お客さまにとって弊社が“快適”な存在でなくてはなりません。
だからこそ、社内のすべての仕事が円滑に進むよう、電話の応対から
仕入作業、出荷準備、情報管理まで、コストだけでは
作ることができない“快適”を生み出せるよう心掛けています。
そんなゼネラルアフェアーズチームは、まさに「縁の下の力持ち」的な存在です。

誰かの“希望”となる存在へ。

「2014年福井市景観賞 まちなみ景観部門奨励賞受賞」「第5回ふるさと福井景観広告賞 優良デザイン部門受賞」

今から約30数年前の文京1丁目は、染色工場や繊維問屋、食品加工センター、食堂、ガソリンスタンドなど様々な商売のあった「街」。小学生の頃、下校時に道草を食いながら、そんな「商売の風景」を見て、「自分も大人になったら商売をするんだ。」と未来を想い描いた。そんな思い出の地に「印刷会社そして工場」を建設。今度は自分が見られる立場に。建物全体を白を基調とし、ガラス張りによる開放的な空間は、仕事へのやりがいと希望をイメージ。暗くなりがちな北向きの建物を、正面(北側)をガラス張りにし、天窓、南窓から差し込む光を計算して、建物自体はもちろん、周辺をも明るく感じさせるよう工夫。建物のデザインだけでなく、道路から入口階段までのアプローチには木を使用したり、

駐車スペースは従来の白線ではなく、アスファルトに穴を開け、いわだれ草を品種改良した「クラピア」を植樹したり、建物が無機質にならないよう、周辺の住宅と調和がとれるよう工夫。変わったハコモノを建てようと思ったのではなく、それを見た人に、それを見た小中学生に、「どう感じてもらえるか、どう未来を描いてもらえるか。」をテーマに考えたデザイン。自分が未来を想い描いた「文京1丁目」は、今は商売の風景は薄れ、落ち着いた住宅街になり、少し寂しい気もする。先日、就職活動を間近にした知人のお子さんが、この建物を見て、「あんな会社で働きたい。」と言っていたと聞いたときは、少しは「希望を見せられたかな」と思った。

第5回ふるさと福井景観広告賞 優良デザイン部門受賞

福井市の東環状線沿いにある印刷会社。白を基調としてガラス張りが特徴である広告物は、社屋と一体となってデザインされており、素材や色彩、文字サイズの組み合わせが絶妙で非常に洗練された印象である。目立つことを意識しがちな沿道にありながらも、景観への配慮が行き届いた広告物であり、新たに屋外広告物を設置する際、建物や周辺景観との調和を考える上で良い参考となるものである。(講評)

主張せず、シンプルに。
それこそが、デザイン。

看板のデザインの賞がある、それは何と文化的なことでしょう。
その賞に自社の看板が選ばれたのだから、とても光栄なことです。
“大それた主張を好まず、控えめでシンプルなデザインに”
たったそれだけをカタチにしての受賞は、ちょっと恥ずかしい気もします。
選考時には多くの方から注目を集めた看板かもしれませんが、
弊社の来訪者にとっては、これまでの看板の概念の想像を越えていたようで、
実際は気づかずに通り過ぎてしまうこともあったりするようです。
伝えることを仕事としている会社として、それは失格にも思えるのですが、
もしかして、そもそもデザインというのは、本来そうしたものなのかも知れません。